読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY SEASON

日々の至福や鬱憤の掃き溜め的な場所。

新緑の丹沢を弾丸登山

4月のお話ですが、

昨年に続き2回目の丹沢山塊に立ち入ってきました。

 

f:id:Mickey6:20170505220310j:plain

 

昨年は表尾根からの縦走コースでしたが今回はメジャーな大倉バカ尾根からのピストンを選択。

 

2017年4月30日

朝8時。快晴。

どんぐり山荘を出発。

 

目指すは塔ノ岳。

f:id:Mickey6:20170505211829j:plain

 

最初の30分ほどは緩やかな登り坂。

f:id:Mickey6:20170505213517j:plain

 

ほどなくして見晴茶屋。

すでに大量の汗をかいているのでウェイアリングを調整して水分補給。

というかこの直後から有名なバカ尾根が始まるのでここでの休憩は必須です。

 

見晴茶屋を過ぎると直後に登場...

 

直登。バカ尾根です。

f:id:Mickey6:20170505212747j:plain

 

写真だと傾斜がイマイチ伝わらないですが、休憩したにも関わらず一歩をためらってしまうほどの角度。

おまけに終わりが見えない。

 

僕は膝に不安を抱えているのでここは焦らずにただただゆっくりと足を進めます。

ちょうどいいペースのおじいちゃんが目の前にいたので合わせて少しずつ標高を上げます。

 

ところどころ立ち上がって自然の営みの神秘を探す。

 

f:id:Mickey6:20170505213823j:plain

 

瑞々しい新緑が気持ちいい。

 

f:id:Mickey6:20170505213950j:plain

 

f:id:Mickey6:20170505214045j:plain

 

山桜?シロヤシオ

山歴2年目は山の花も覚えていこうと思う。

f:id:Mickey6:20170505214126j:plain

 

そうこうしているうちに徐々に高度を上げてきたようで

左を向くと富士山がひょっこり。

 

f:id:Mickey6:20170505214340j:plain

 

大倉尾根の楽しみはこの辺りから。

背の高い植物が減ってきて視界が一気に開ける。

 

f:id:Mickey6:20170505214650j:plain

 

思わず声を上げてしまいます。

 

先日登った陣馬山より富士山が近い近い!

f:id:Mickey6:20170505214737j:plain

 

相変わらずの急登ですが、(なんてったって標高差が1200mくらいあるので)

この辺は疲れを感じないくらい絶景を楽しめる。

登ってしまうのがもったいないくらい1シーン1シーンが素晴らしい。

f:id:Mickey6:20170505215233j:plain

ホント贅沢な空間だと思います。

 

目を疑いたくなる階段地獄の先には。

f:id:Mickey6:20170505215150j:plain

 

立花山荘〜。

f:id:Mickey6:20170505215401j:plain

 

ここまでくれば山頂はあと少し。

最後の休憩をとってラストひと山に挑みます。

 

10:38

塔ノ岳登頂!!

 

f:id:Mickey6:20170505215657j:plain

 

昨年ここを訪れた際はガスっていて何も見えなかったので

360度こんな風に見えるなんて知らなかった。。

 

ここまで完璧な富士はそうそう見れないじゃないかな。

f:id:Mickey6:20170505220016j:plain

 

そして南アルプスの山々とのコラボレーション。

最高かよ。

f:id:Mickey6:20170505220218j:plain

 

本日の山行はここまでの予定だったのですが、

 

①膝にダメージを負っていない

②予定より2時間早い

 

の2点を満たしていたのでひとつ奥にある丹沢山を目指すことに。

(塔ノ岳から丹沢までの往復で2時間かかるので)

 

丹沢は山塊自体が百名山に認定されていますが、せっかくだったら丹沢山まで行きたいもん。

ということで尊仏山荘の左側をしれ〜っと抜けて目指すは丹沢山

 

左奥ね。

f:id:Mickey6:20170505221423j:plain

 

ここで気づきます。

びっくりするくらい登山者が減りやがる。。笑

やっぱりみんな塔ノ岳が終着なんだね。

 

そしていきなりの下りでせっかくの高度を下げる。

正直ここで引き返そうか真剣に審議しました笑

 

その分登り返すの嫌だもん笑

 

ただ一度決めたこと、(俺かっけー笑)

また今後もっと体力を必要とする山に登ることにもあるだろうし、、

 

進むことにしました。

 

若干の登り下りはありますが基本的に開けた稜線を歩きます。

 

塔ノ岳から歩くこと約1時間。

 

丹沢山登頂

(標高:1567m)

f:id:Mickey6:20170505221657j:plain

 

めちゃめちゃ疲れた!

 

正直景色は塔ノ岳の方が綺麗だし、

削られる体力はかなりのものだけど、

ただただ達成感、満足感に浸れます。

 

ここでちょうど12時くらい。

カップラーメンをかき込み再び塔ノ岳を目指します。

午後は天気が崩れそうだったので早めの下山を。

 

ここでの塔ノ岳までの登り返しがキツイのなんの。

腿が上がらない...

 

「一歩一歩」と声に出しながら無心で登ります。

当然大倉尾根の復路もかなりきつかったですが、

昨年腸脛靭帯炎を患ってしまった僕にとって、痛みがこないことがただただ嬉しくて、

次の山行を練りながら軽快に下山した記憶があります。

 

もちろん無理はせずにですけどね。

 

15:40

無事下山〜

蓋を開けて見れば標準より早いコースタイムでしたが、

昨年から登山を始めて9座目。

 

登山の楽しみ方や、自分のペースがわかってきました。

 

と同時に、

基本的に天気予報をみて晴れの日にしか決行しませんが、

もう少し標高が高くなってくると予期しない天候変化に見舞われることも

あるでしょうから、トラシューというかリスクマネジメントの勉強をしないとなー

と。

 

そんな山行になりました。

 

 

4月を堪能する

新年度いかがお過ごしでしょうか。

 

僕は所属部署が変わり、それに伴って職場の最寄りも変わったため、今までになく桜を堪能できた春に。

 

駒沢公園や上野公園で花見もしたので桜はお腹いっぱいですけど、年々桜の美しさで得られる感度が増えているような気がし、歳をとったなあ〜と実感しています。

 

まだまだ朝まで飲み歩くこともありますが笑

 

そんなわけで、すっかり散ってしまった2017年の桜達を載せます。

 

f:id:Mickey6:20170424234344j:image

 

f:id:Mickey6:20170424234422j:image

 

f:id:Mickey6:20170424234358j:image

 

 

f:id:Mickey6:20170424234514j:plain

 

f:id:Mickey6:20170424234440j:plain

 

f:id:Mickey6:20170424234715j:plain

 

これでもかと桜の名所ばかり。。

 

気づけば5月に突入してしまったので、新緑探しの登山計画を粛々と立てていきたいと思います。

 

 

今季から始めたもの

ご無沙汰しております。

 

2017年も気づけば1/4が終わろうとしています。

 

ジャネーの法則という根も葉も無い心理的な考え方がありますが、ここまで時間が早いと頷かざるを得ないというか。。

 

と言っても、この法則を紐解くと、日々のルーチン化、新しい経験の減少が「時間の

速さ」に起因しているよう。

 

というわけで昨年から山登りを始め、生活に刺激、新鮮味を加えました。

(毎日パソコンばかり弄る仕事をしているから尚更週末は自然に触れたくなるんです。)

 

とは言え冬になってしまうと経験・スキル・装備不足から、雪山登山は回避せざるを得なくて...(今は)

 

朝まで酒を飲むの少ししんどくなってきたし、代わりに何か始めたいなーと思っていた矢先誘いを受けたのが、、、

 

スノボ

 

そう、冬の楽しみが見つかりました。

 

ミーハーなのでバートンのウェアを買い揃え、カッコだけは一丁前のスノーボーダー

けど滑りは木の葉という屈辱。。笑

 

バランスを崩し何十回と吹き飛び、脳震盪を起こすも、なんとかターンができるように

なり何より楽しさ、風を切る気持ちよさ、開放感、絶景にハマってしましました。

 

来年はマイボードを持って行こう。

 

10年前と変わらずレンタルボードはクソださかったので。

 

今シーズンは群馬の宝台樹と新潟の神立に。

 

宝台樹。

f:id:Mickey6:20170326022824j:plain

 

 

神立。

f:id:Mickey6:20170326022858j:plain

 

どちらも天気に恵まれ最高のボード日和でした。

 

今は早く登山したいし、雪の上を滑りたい。

 

バックカントリーは最大の憧れですよ。

 

どちらのスキルも最大限に上げなくては。

 

f:id:Mickey6:20170326023050j:plain

iPhoneアプリを整理した。

こんばんは。

 

先日、使用していたiPhone6のディスプレイが

気持ちよく粉砕、バッテリーもおしゃかになってしまいました。

 

機種代があと9ヶ月分も残ってるのに先立ちやがって、、

 

と言うわけで機種変しました。iPhone7に。

 

7から防水仕様になったので登山で土砂降りに遭った際とかも安心感が違うかなと思いまして。

 

しかし、どうやらiPhone8はホームボタンがなくなって5インチのベゼルレスデザインになるとかならないとか。

 

7の機種代をペイするまでどうか出ないでほしい。欲しすぎる。

 

iPhone7の使用感は、まあ普通です笑

 

ホームボタン押下時の感触が新鮮なくらいです。

 

そして僕の端末だけなのか、ロック解除時のレスポンスがすげー遅い。

遅すぎてもどかしさを感じてしまうほど。

初期不良なのか?

 

目玉の防水性能は試してないですが、ユーチューバーの方々の検証動画が出回ってそうなのでご確認を。

 

今回は機種変更にあたり自分のアプリを棚卸しし、使いやすいようにアプリ配置にこだわってみることに。

 

様々なアプリがとっ散らかっていて非常に使いにくい状態だったので、整理したことで目的のアプリまでのアクセス時間がかなり短縮されました。

 

整理後はこんな感じに。

 

1ページ目。

 

f:id:Mickey6:20161115005511p:image

 

1ページ目は使用頻度がかなり高いもの。

SNSEvernote、乗換案内、ニュース、マップ等。

1日に1回は起動するアプリ群をまとめて配置。

 

僕はアプリをそんなにダウンロードしないので残りはすべて2ページ目にぶち込みます。

ここでポイントとしたのはフォルダ命名規則を統一すること。

 

こんな感じに。

f:id:Mickey6:20161115010042p:image

 

フォルダ名を英語に揃えることでスタイリッシュさ、統一感が生まれたような気がします。

 

どれだけスタイリッシュかと言うと、

右下フォルダに注目。

 

f:id:Mickey6:20161115010042p:image

 

エロサイトのブックマークフォルダすらもなんだかカッコよく見える。笑

 

まあこれはほんの遊びとして笑

 

 

必要ないアプリは消してしまったし、

一旦整理したおかげで、「あのアプリどこだっけ!?」という事態に陥ることは今後なくなりそうです。

 

 

以上。

 

 

 

 

2016年の紅葉(大山)

ずいぶんと寒くなってきたこと、雪山を登るスキルがまだないこと。

 

という理由で今年の登り納め(たぶん)をしてきました。

 

選ばれた山は...

 

f:id:Mickey6:20161113223503j:plain

 

大山(1.252m)

 

丹沢山塊は初夏に登った塔ノ岳に続き2座目。

丹沢はアクセスがなかなかいいですからね。

奥多摩よりはるかに行きやすい。

 

今回は小田急伊勢原駅で降りて、7:25発のバスで大山ケーブルカーまで向かいました。

1時間に3本くらいバスがあるので、柔軟な計画が立てやすいと思います。

 

コースはこんな感じ↓

バス停→女坂→阿夫利神社→奥社(山頂)→不動尻・見晴台方面→見晴台→阿夫利神社

男坂→バス停

 

このコースが個人的に完璧すぎて、

本当何度でも登りたくなってしまう。

 

一足先の紅葉と、海まで見渡す絶景を堪能できた最高の登山となりました。

 

写真をご覧あれ。

f:id:Mickey6:20161113225300j:plain

 

 

本当にね、こういう山の景色が大好きです。

森林限界を迎えた気持ちい稜線ももちろん大好きだけど、木々が生い茂った深淵な森の中を歩くのは全身で気持ち良さを感じれるから。

百山百様の美しい一コマを楽しみに山登りしているのかも。

ネットや観光ガイドのようなメディアでは、それはもう素晴らしい画質と技術で撮影された絶景スポットを見ることができる。

けれどもそういったメディアに残念ながらピックアップされなかった、自分だけの絶景を探せるのも山登りの醍醐味ですよ。

f:id:Mickey6:20161113225526j:plain

 

女坂を経由して阿夫利神社へ。

ここまではケーブルカーでもこれるので、観光モードでも全然ありです。

ここまではね。

 

f:id:Mickey6:20161113231117j:image

 

f:id:Mickey6:20161113231142j:image

 

f:id:Mickey6:20161113232043j:plain

 

美しい色づき。

これぞ秋。

 

そして大山といえば湘南平を見渡す絶景と言うことで…

 

f:id:Mickey6:20161113231332j:image

 

紅葉と絶景のコラボレーション。

いやあ、晴れて良かった!

 

ここまで条件が整う山行はなかなかレアです。

今年で1番天気に恵まれた日。

 

f:id:Mickey6:20161113231803j:plain

 

観光客が見れるのはここまで。

充分ではありますけどね。

でも登山装備で来ればさらなる大パノラマが見れるのに...

 

f:id:Mickey6:20161113232323j:plain

f:id:Mickey6:20161113232424j:plain

 

激動の時代に突入しそうですけれども、平和であって欲しいです。

f:id:Mickey6:20161113232625j:plain

 

ここからはThe・登山道に突入。

 

f:id:Mickey6:20161113233059j:plain

 

富士見台からの富士山。

 

f:id:Mickey6:20161113233413j:plain

 

 雲ひとつかからない富士山の圧倒的貫禄。

まさに日本一。

ここまではっきりと全容を拝めるのもまた貴重。

 

大好きなコケ。

ウチの水槽のコケもこう芸術的に生えてこないものなのか。

f:id:Mickey6:20161113234328j:plain

 

と登ること奥社から1時間程で山頂に到着〜。

 

神奈川の街並み、相模湾を見下ろす超絶景、載せます。

 

 

 

 

 

どん。

 

 

 

f:id:Mickey6:20161113234729j:plain

 

 

 

どん。

f:id:Mickey6:20161113234903j:plain

 

 

 

 

どん。

f:id:Mickey6:20161113235038j:plain

 

 

神奈川の景勝50選に選ばれている超絶景。

塔ノ岳からの景色も良かったけど、大山の方が超広角。

大パノラマです。

 

神奈川の平野部の半分くらいを一望してるんじゃないでしょうか。

割とマジで。

 

江ノ島も左側にちょびっと。その奥に三浦半島も。

 

登山の難易度と得られる絶景を考えると、非常にコスパがいいというか、

費用対効果がいいというか。いや、疲労対効果か?笑

 

この景色が約束されるのであればいつでも登りに行きたい。

そんな山です。

 

 

下山は見晴台方面へ。

 

絶対にこのコースで降りるのがオススメ。

ゆるやかな稜線を絶景を独り占めしながら下っていけます。

 

 

 下山中の一枚。

すすきも背を伸ばして、山はすっかり秋の様相。

f:id:Mickey6:20161114000502j:plain

 

f:id:Mickey6:20161114000903j:image

 

 

見晴台を通過して再度森の中へ。

落石用の金網がいたるところに設置されていたので、最後まで気を緩めずに。

 

f:id:Mickey6:20161114000958j:image

 

f:id:Mickey6:20161114001004j:image

 

最後の男坂がキツかったー笑

 

登り納めに相応しい登山でしたが、

ちゃっかりもう一座くらい登ってるかもしれません笑

 

来年はアルプスかなー。

冬は体力作りです。

 

よし。

 

 

 

大菩薩の嶺を目指して

2016年10月10日

 

前回の川苔山から一週間とちょっと。

下山時に膝に急激な痛みを感じ、やっとの思いでふもとまで下りてきたはいいが

歩くのも困難なほどの緊急事態に見舞われた川苔山。

よくよく調べてみた結果「腸頸靭帯炎」という膝の炎症が起きていることが判明。

 

テニスプレイヤーにテニス肘があればランナーにはランナーズニーあり。とはどこでも言われていませんが、ランナーにとっては非常に馴染み深い炎症のようです。

原因は単純明快。膝の使いすぎ。

 

確かに今年になって急に登山を始めて、いままで経験のない負荷を膝にかけていたんだもん。そりゃ膝も悲鳴をあげるってもん。

 

 

 

ってことで、毎日スクワットとストレッチで足腰を鍛えて来年に備えようかな〜、今年はもう終わりかな〜なんて思っていた10月9日。

 

と、そこで突然会社の先輩から悪魔のお誘いが、、

「明日山の登るけどいく?」と。

 

そして二つ返事で「行きます」と返事をした愚かな自分。。

 

ってことで山梨は甲州に位置する日本百名山に登ってきました。

 

f:id:Mickey6:20161023231234j:plain

 

大菩薩嶺(2,056m)

 

膝が痛くなるリスクは当然考えていたし、

だからこその大菩薩嶺というチョイスでもありました。

ガチ系の山だったらもちろん断っていたし。

 

とはいえ何も準備せずというのもアレなので、当日はこれにお世話になりました。

 

f:id:Mickey6:20161023231841j:plain

 

 キネシオテープ。

人間の筋繊維と似た構造になっていて、伸縮性もまた人間のそれに近いらしい。

これを膝にがっちり巻きつけ膝の可動域をかなり狭めて臨むことにしました。

 

ちなみに今回のコースは↓

f:id:Mickey6:20161023233129p:plain

上日川峠(ロッヂ長兵衛)スタートで、丸川峠下山。

 

電車だと行きは甲斐大和駅降車。帰りは塩山駅から、という感じ。

 

 大菩薩峠からの展望がとにかく有名なこの山ですが、今回は残念ながらあいにくのガス。

リベンジが決定した登山になりました。

 

f:id:Mickey6:20161105222603j:plain

押し寄せるガス。。

f:id:Mickey6:20161105222627j:plain

ここからの眺め。晴れていたら文句なしの絶景なのに...

f:id:Mickey6:20161105222641j:plain

f:id:Mickey6:20161105222737j:plain

 

f:id:Mickey6:20161105222852j:plain

 

しかし山頂付近で嬉しいご褒美も。

f:id:Mickey6:20161105223006j:plain

野生のキツネ出現!

こいつ相当人間慣れしているらしく警戒心ゼロ!

グイグイ近寄ってきました。

 

ガスっている山は、景観は残念ですけど、コケがよく映えるなと、新しい発見も。

 

f:id:Mickey6:20161105223357j:plain

f:id:Mickey6:20161105223447j:plain

f:id:Mickey6:20161105223616j:plain

f:id:Mickey6:20161105223630j:plain

 

大地の日々の営みが産み出した芸術ですね。

誰にも気づかれず、少しづつ形を成していった生命の神秘。

自然は偉大です、本当に。

 

f:id:Mickey6:20161105223758j:plain

 

 深淵な森。

たまりません。

 

こういう独特な雰囲気が楽しめるのでたまにはガス山もありかな。

たまにはね。

 

新緑の季節にリベンジ決めるぜ。

 

f:id:Mickey6:20161105223935j:plain

都内の名山、名瀑へ

遡ること9月29日。

 

たまたま休みを平日にいただいたということもあり本能の赴くまま向かったのはやっぱり山(笑)

 

といっても単発の休みなので、日帰りでさーっと行ってさーっと帰ってこれるくらいがいいなあ...

と思いながらも、金時山は登ったばかりだし、筑波山か高尾山か陣馬山か...奥秩父はちょっと疲れるしなあ...

なんて考えたすえ決定したのが。。

 

f:id:Mickey6:20161009012942j:plain

 

川苔山(1,363m)

 

奥多摩は春に鳩ノ巣渓谷にいったぶり。

山登りでは初。

御岳山ロックガーデンや日の出山、東京最高峰の雲取山と気になる山はたくさんありますが、今回の標的は川苔山になりました。

なんでかはわかりませんが、なんとなく。

 

ってワケで前日仕事帰りに地図を購入、おっぴろげてみると意外とコースが多くて複雑。。

分岐を間違えたら目標時間を大きく越えてしまいそうな予感。

それに通行止めとか破線コースもあるし。

 

とりあえず決定したのが、奥多摩駅からバスで川乗橋→百尋の滝→川苔山山頂→鳩ノ巣駅というおそらく一番メジャーなルート。

 

f:id:Mickey6:20161009014327j:plain

 

当日。

AM5時過ぎの電車に乗り奥多摩駅に到着したのが8時。。

この電車が一番つらかった。

とにかく長い。朝早すぎて乗り継ぎに待ち時間がでたりでね。

3時間移動してまだ都内にいるってことにぞっとしつつ、登山口に到着。

 

f:id:Mickey6:20161009014823j:plain

 

すでに水の流れる音、森の香りで疲労は回復。

今日の山行に期待が膨らみまくり。

 

流れる川の音を横目に舗装された道路を30分ほど、本格的な登山道に入ってから百尋の滝までは急登もなく景観が楽しい。

 

f:id:Mickey6:20161009015434j:plain

f:id:Mickey6:20161009015449j:plain

f:id:Mickey6:20161009015505j:plain

f:id:Mickey6:20161009015519j:plain

f:id:Mickey6:20161009015530j:plain

 

多摩川へ注ぐ、というかほぼ多摩川の源流といってもいいほどいたるところから水が湧き出る山。

とにかく水が豊富。綺麗。

 

今回初めて三脚を使用しての本格的な写真撮影にも挑戦しています。

シャッタースピードを遅くして(1秒くらい)、ISO感度を下げ...と試行錯誤しながら水の流れを止めない写真のチャレンジ。

これがまたムズカシイ。

自然な感じがなかなか出ない。

勉強が必要だな。

 

そんなこんなでスタートしてから1.5時間。

 

たどり着いたのが関東の名瀑。

 

「百尋ノ滝」

 

f:id:Mickey6:20161009020931j:plain

 

高さ40m。

こんなパワースポットが都内にあったなんて!

想像以上の迫力。こんな絵に描いたような滝を見たのは初めてかもしれない。

 

ココ、かなり穴場ですよ。

山登る人のなかでは有名なのかもしれませんが、一般の知名度はそんなないかと思います。

都内で非日常を感じたいのであればここまで来て引きかえすってのも全然あり。

といっても登山なので舐めた装備で足を踏み入れたら痛い目見ますけどね。

靴だけはしっかりとしたものを!

f:id:Mickey6:20161009023408j:plain

 

f:id:Mickey6:20161009022534j:plain

 

百尋ノ滝を後にし、いよいよ目指すは山頂。

 

f:id:Mickey6:20161009023240j:plain

 

...ここからがキツかった。

標高が低いからって完全に甘くみてました。

意外と急登。滝まで緩やかだった分一気に高度を上げる。

それに右足の膝がなんだか痛いし。

 

それでも森の奥へ奥へと入っていく。

f:id:Mickey6:20161009023337j:plain

f:id:Mickey6:20161009023429j:plain

 

なんだかんだ登り始めて3時間。

この登りからそろそろ開放されたいというところでいきなり稜線。

 

あの稜線の気持ちよさってなんなんでしょうね。

一瞬で疲れが吹っ飛ぶ。

壮大なスケールの稜線ではないですが体力回復。

で、ここから山頂までは200mほど。

 

f:id:Mickey6:20161009024121j:plain

 

到着~

 

 

曇っていたので展望は良くなかったですが雲取山に目標を定め下山。

 

それにしても膝がめちゃくちゃ痛い。。

下るのが困難なほど。

休みながらゆっくり下ったのでかなり時間がかかってしまいました。

下りも3時間ちょっと。

膝のオーバーワークが原因なんだろうなとは思いましたが、少々やっかいな炎症でした。

腸頸靭帯炎。別名ランナーズニー。

 

登山が怖くなる病気です。

本当に痛いんですもん。

 

気合で下りてきましたが痛みは翌日も継続。

慢性化しないよう今は寝る前に足のストレッチをしていますが、効果があるのかどうなのか。

 

次は難易度の低い山に登って様子を見ます。

 

帰りは本当に苦行でしたが川苔山そのものは最高でした。

 

次は冬にきたいなあ。。

 

f:id:Mickey6:20161009025957j:plain