読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY SEASON

日々の至福や鬱憤の掃き溜め的な場所。

修験の地「戸隠山」へ

 週末は地元長野へ帰省していました。

 

高校の友達が結婚するってんで、仕事が終わってそのまま北陸新幹線へ飛び乗り。

 

で、せっかく長野に帰るんだからってことでもう一つ画策していたことが。

 

そう、

 

登山です。

 

最初は久しぶりに飯綱山でも登ろうかな〜と思っていました。

飯綱はそれこそ4歳くらいの頃から登っているからなんとなくイメージつくし

 

けど昔から飯綱高原の裏のエリアにはなかなか行くことがなくて。

せいぜい戸隠神社にお参りに行くことはあっても、戸隠山に登ろうなんて家族の誰も口にしなかったんです。

 

しかしあれから20年ほどが経過し...

 

とうとう今回行ってきました。

 

人生初の単独登山で挑んだのは...

 

 

 

戸隠山(1,904)

 

f:id:Mickey6:20160724225311j:plain

 

信州百名山、花の百名山、北信五岳に数えられ、そしてA級の危険度を誇る山。

 

弾丸登山気分で挑んだら本当に命を落としかねない山に今回登ってきました。

 

あらかじめ言っておきますが、僕は単独登山で登りましたが、十分に下調べをしています。(弟が以前戸隠に登っていたこともあって、かなり詳細な情報を持った上での挑戦です。)

くれぐれも初見での単独登山は避けたほうがいいです。

登山に慣れていない方もやめたほうがいい。

 

以下、戸隠ガイドマップより。

 

⬛︎北アルプスなどの山々

【心構え】

3,000m級だから真剣に取り組む。困難だが普通の山である。

【地質】

・玢岩(ひんがん)、花崗岩など
比較的しっかりしていて、靴底のフリクション(摩擦)もきく。泥や土の部分が少なく滑りづらい。鎖や針金もしっかり固定されている。

【事故】

転落、滑落。軽傷、重傷で助かることも多い。

 

⬛︎戸隠連峰

【心構え】

2,000m級だから甘く見る。しかし極めて特異で危険な山である。

【地質】

・凝灰角礫岩(ギョウカイカクレキガン)
風化や崩壊が激しく、手がかりや足場にした岩が抜ける。岩場にとりつく前、靴底に泥がつまり滑りやすくなる。

【事故】

墜落。したがってほとんど即死。

 

そう、一瞬の不注意や気の緩みがそのまま大事故につながってしまうのがこの山。

そしてこれが決して大げさではないことを体感してきました。

 

7月22日。

AM6:57 長野バスターミナル初のバスで出発。

この辺は地元だから、あたふたするはずもなく。

 

AM 8:30頃に戸隠奥社着。

 

f:id:Mickey6:20160724232706j:plain

割と有名なパワースポットです。

すでに神々しいオーラを感じる。

 

30分くらい歩いて登山道入り口に到着。

f:id:Mickey6:20160724232921j:plain

改めて気を引き締めながら準備体操。

 

奥社手前を左に入っていくんですが、いきなりの急登。

 

しょっぱなからかなり飛ばしていく感じみたいです、この山。

 

f:id:Mickey6:20160724233157j:plain

 しかもだいぶガスっていて視界が悪い…

 

悲鳴をあげる両足を無理やり持ち上げ、執拗に攻撃を仕掛けてくるスズメバチを振り払い、高度を上げていきます。

 

そして最初の鎖場に到着。

そんなに難易度が高くない。

f:id:Mickey6:20160724233602j:image

鎖場を抜けながら百間長屋に到着。

 f:id:Mickey6:20160724233755j:image

 

 スズメバチも飛行できない高度のようで、鬱陶しかったブーンという音も気づけば聞こえなくなっていました。

 

ここで少し長めの休憩を取り、戸隠の危険領域に足を踏み入れます。

 

f:id:Mickey6:20160724234150j:image

f:id:Mickey6:20160724234234j:image

 

霧がかなり濃く、ただただ不気味。。

 

f:id:Mickey6:20160724234318j:image

 

縦横移動をさせながら平気で6mくらい登らせる。

登山に集中したかったのでこの辺りから写真を撮るのを一旦やめました。

 

ほぼ垂直に近い岩を10m程登らないといけない胸突き岩を、霧の中よじ登っている時、人生で一番リアルに死が頭をよぎりました。

 

手を離したら死ぬ。

誰にも見つかることなく土に還る、と。

 

1人で入山したことを後悔しながら、気合いだけで登る。

 

そして遂に、戸隠山を危険な山とたらしめている「蟻の戸渡り」に到着。

 

両サイド直角に数百メーター切れ落ちているナイフリッジが20メートル続く。

 

戸隠では滑落ではなく墜落とはここでの事故に由来している。

 

ここも気合いで進む。

 

深い霧の中に吸い込まれるよう墜ちてしまいそうになる感覚を打ち消し、少しづつ。

 

やっとの思いで蟻の戸渡りの対岸へ。

 

f:id:Mickey6:20160724235622j:image

 

ここで二度と1人でこの山に来ないことを誓いました。

 

命があったことを山の神に感謝し、いよいよ山頂に向けラストスパート。

 

その前に晴れていれば360度美しい眺望が望める八方睨みへ。

 

f:id:Mickey6:20160724235922j:image

 

 ...

 

何をしにこの山に登ったのかわからなかった瞬間でした。

 

本当にただの修行をしに来ただけのような笑

 

ここから見える北アルプスをどれだけ楽しみにしていたことか(T . T)

 

山だから仕方ないんですけどね^^;

 

落ち込んでも仕方ないので、山頂に向けて樹々を掻き分けたところで…

 

 

f:id:Mickey6:20160725000956j:image

 

急に晴れ間が!

 

凶々しかった今回の登山がようやく明るくなりました。

 

そのまま一気に山頂へ到着〜!

f:id:Mickey6:20160725001259j:image

 

f:id:Mickey6:20160725001406j:image

 

この景色見ないと帰れないですね、やっぱ。

 

日本百名山高妻山も姿を現しました。

信州富士と呼ばれる対称なシルエットが印象的。

 

f:id:Mickey6:20160725001428j:image

 

ここから切り立った稜線を一気に抜けます。

 

f:id:Mickey6:20160725001649j:image

 

ここも足を滑らせたら一発アウトです。

 

遥か眼下に見える戸隠奥社。

 

正直パワースポットとしての神々しさはスタートの杉並木の比ではありません。

本当に仙人か何かになった気分でした笑

 

体のバランスを崩さないよう注意しながら一気に一不動小屋まで抜けました。

と言っても地味なアップダウンがだいぶキツかったけれども…

 

ここからは下山。

 

流れる沢と一緒に地上を目指します。

 

f:id:Mickey6:20160725002235j:image

 

水場も。戸隠の水を美味しくいただきました。

f:id:Mickey6:20160725002315j:image

 

f:id:Mickey6:20160725002337j:image 

 

下山も鎖場が何回か登場。気が抜けないです。

 

途中でヘビを踏みそうになってヒヤリ。

f:id:Mickey6:20160725002928j:image

 

たぶんアオダイショウでしょうが、マムシやヤマカガシあたりが出てもおかしくなさそうです。

 

ヘビ、スズメバチ、熊…

 

…本当危険な山です。

 

熊だけは遭遇したらシャレになりませんから、鈴を付けるなりラジオ流すなり対策はきちんとしましょう。

 

だんだんと水量を増して沢と一緒にゴール!

 

目の前に広がるのはのどかな牧場笑

 

f:id:Mickey6:20160725003439j:image

 

ドS山とのギャップがスゴイです。

 

牧場を抜けると、これまた平和なファミリーたちの声がかしこから聞こえてくる戸隠キャンプ場。

 

苛酷な登山が別世界の出来事のよう。

 

大地を二本足であるけることに感謝して、今回の山登りは幕を閉じました。

 

今度は晴れた日に経験積んだ人と登りたいなあ。。

 

そうそう、戸隠山は冒頭で言ったとおり花の百名山に数えられるだけあって美しい花にたくさん遭遇しました(^^)

 

f:id:Mickey6:20160725160703j:image

 

f:id:Mickey6:20160725160715j:image

 

f:id:Mickey6:20160725160723j:image

 

f:id:Mickey6:20160725160842j:image

 

花なんかももう少し覚えたらより楽しくなるかもなーと。

 

さて、次はどこに登ろう笑

丹沢山塊初入山

こんばんは。

今年は猛暑になりそうだーなんて憂いていたらいつも間にやら7月半ば。

毎日汗だくになりながら電車に揺られています。

そんな日常に癒しを!ってことで、もう先月の話になってしまうけど登山にいってきました!

神奈川の山塊丹沢に構えるはこの山。

 

 

塔ノ岳(1,490m)

 

田舎育ちなもので山って意外と身近な存在で。

上京してからは山って存在が意識の外にいくことが多かったんですけど、定期的に無性にそそられるのも事実で。

意外と富士山も二回も登ってたり。(内一回は本8合目まで)

2016年になってそろそろどこか登りたいなーと思っていたところに会社のチームメンバーからお誘いが。

そりゃ行くっしょ的なね笑

 

今回はヤビツ峠からの表尾根コース。

ちなみにヤビツは8年位前によく来ていました。(展望台からの夜景がきれいなので。夜は走り屋の巣窟)

ちなみにアクセスは

小田急線秦野駅まで都内から電車で1.5時間。

に加え、秦野駅からヤビツ方面行きバスで約50分。

と朝からまあまあハード。

それでもアクセスしやすい山なんだからハードル高いですよねー。

前日までの山の天気予報では雨、強風だったんですが、まさかの快晴。

 

瑞々しい新緑がただただ気持ちいい。

 

 

おのずと足取りも軽快になっていきます。

 

 

植物限界が近ずくにつれ、背の高い木がだんだんと減ってきて、抜けるとこの視界!

神奈川の平野を突き抜け海まで見渡せるこのロケーション!!

もう最高です。

 

 

視界の左には当然のように鎮座する富士山が。笠雲がかかっているのが少し残念。

この表尾根コースは軽い縦走のようなものなので、アップダウンは何度かありますが、

登っていて本当に楽しい!

後方の見晴らしも、前方に広がる稜線のスケールも素晴らしいし、花も綺麗。

野生の鹿を目撃することもできるのだとか。

 

途中の山小屋でかき氷を食べたりと、ゆっくり登って4時間。

 

 

 

 

 

ここで天気予報的中ww

見事にガスってしまいました。

本来なら、富士山から丹沢最深部の蛭ヶ岳、さらに奥には南アルプスまで見えるはずなのに!

そして寒い寒い!

標高が低いからと完全に見くびっていたので凍えるかと思いました。

で、下山は大倉方面へ。

 

この道も晴れてればなあ。。

 

で、登山家の中では有名な丹沢クリステルを拝んで今回のリフレッシュは終了〜。

 

今回の登山で確信したことが。

これは登山絶対ハマるということ。

今年はもういくつか登りたいなーと画策中です。

 

それでは夏バテに気をつけて、今週もあと少し頑張りましょう〜。

 

 

今一番欲しいもの

iPhoneで精一杯頑張って撮った東京駅。

 

実は東京駅を外から見るの初めてだったり。。 田舎モン丸出しかな?笑

それにしても後ろの無機質なビルが素晴らしい。

 

 

最近はミラーレス一眼が欲しいです。

 

一眼レフが気になってたんだけど、デカすぎて持ち歩かなくなるって聞いたし確かにその通りだもんね。

けどそれなりにクオリティ高い写真を思い出として残しておきたいし、カメラを持った方が写真たくさん撮ると思うからってことで今はミラーレス一眼一択。

 

僕はホント写真撮らなくて、友達と遊んでてもまず撮らない。 ハタチくらいまではすげー撮ってたけど、それ以降はわざわざ記録として残さなくてもその場が楽しけりゃいいやと思ってたから。

けど歳食うにつれだんだん昔の出来事を忘れていくんだろうなーってふと考えるとやっぱ写真必要だわ!とね笑 良い思い出も嫌な思い出も全て、自分の足跡として残しておきたいって思うようになった。 それは未来の自分への戒めにもなるはずだから。 写真を見て、あの時こんなこと考えてたなーとかこの時はまじでクソだったなとかその時の考え方を思い出すからね。 そうゆうの整理して未来に繋げるって言うのかな。

だからカメラが欲しいです。

奥渋

こんばんは。
 
今日は気持ちのいいカンカン日照りだったので散歩がてら奥渋(奥渋谷ね)のSENSUOUSに行ってきました。
 
 
cafeかなんかと見間違うくらい洒落てる!
 
特に目的もなく、ふらーっとプラプラしてただけなので、このおしゃれな店で細めフィルターパッドのみを買うという!笑
 
今度はじっくりと見ますから今日は勘弁。
 
何も考えずぷらぷらして気分転換したかっただけですから。
 
平日はPCとひたすら眺めっこで目の疲労がハンパないですし、目の癒しと頼まれてるデザインの仕事の息抜きにって具合で。
 
奥渋はまあまあ緑もあり、人も少なくなりで結構好きなんです。(代々木公園も目と鼻の先ですし)
 
昔このへんの居酒屋で働いてたってのもあって。
 
最近はメディアが奥渋なんて言い出して、認知度が上がってきたエリアだけれども、6〜7年前は群雄割拠の渋谷駅周りを突き抜けどうやって駅から徒歩10分ちかくあるとこまでお客様を呼べばいいんだろう…となかなか悪戦苦闘した思い出が。。
 
懐かしい。
 
当時勤めていた会社は奥渋に系列店を何店か構えていて、先見性は素晴らしいなーと今になって思います。
 
どれも良い店だったので、このブームが一過性にならないよう願っています。
 
人であふれかえることはないだろうし、そうなる必要もないエリアだと思うけど、ふらーっと散策したいなーって思うような工夫をしていかないと、続けるのは難しいかもしれませんね。
 
軒先きだけじゃなくてエリア一帯の清掃活動とかもばんばんやったほうがいい。
 
そんなことを考えながらの、大好きな奥渋散歩でした。  
 
来週も頑張ろう。

 

水槽模様替え

こんちは。

5月にして真夏のような暑さ。。

今年の夏が思いやられます。。

寒いよりかいいんですけどね。

GWのうち1日をまるまる使って水槽の大掃除を敢行しました。

なんでか、GWになると無性にアクアリウムのあれこれをやりたくなるんです。

それで気づくといつもここにいるという...

ココ↓

 

www.paupau.co.jp

 

爆買い衝動を抑えつつ必要なものを揃えて、帰宅して構図を考えること6時間以上。。

 

くそ疲れた!

フィルター稼働までこぎ着けたのは日付が変わる直前ですもん。

で、完成した新しいレイアウトがこちら。

 

 

照明の色味を変えて。

 

正直あんまり変わってない。

 

構図はそのまま、流木を組み替えただけ!笑

 

今回ソイルをほぼ入れてないので手前の化粧砂ゾーンに流れ出てくることがなくなったのが収穫ですね。

 

化粧砂を使った爽やかなレイアウトはこれにて終了にしようかと思ってます。

次は(1年後くらい)ソイルもりもり水草水槽をやります。

たぶん。

 

 

 

いつの間にか20cmくらいになったプレコも元気です。

 

 

奥多摩「鳩ノ巣渓谷」

GW。

普段仕事でPCをカタカタカタカタやってる僕ですが...

やっぱり生まれが田舎なもんで、無性に自然を感じたくなり...

GWの1日を使って行ってきました!

 

奥多摩!!

 

奥多摩方面に行くのは何年ぶりだろうと記憶の引き出しを引っ張り出す。

多分最後は学生時代かな?7年位前。

キャンプしたり近くの吹上トンネルで肝試ししたり笑

当時は朝まで飲んでも体力は無限だったなーとか思い出しながら電車に揺られ揺られて2時間。。

遠いわ!

立川で半分といえば都内住みの方ならその距離感がわかるんではないでしょうか。

バカヤロー!

けど段々と車窓から見える色の比率が緑多めになってくると気持ちは高鳴りましたね。

ついには両側緑一色という!

これを求めてたんだ!とテンション高めで降りた駅は「鳩ノ巣駅」。

今回は鳩ノ巣渓谷というところに行ってきました。

GWということで人もそれなりにいましたが。。

 

 

どんなところかは写真貼るので見てください。

 


 

多摩川も上流まで行けばこんなに透明度が高いんです。

 

 

山の匂いはどこも一緒なんだなーと懐かしくもなりました。

横に切り倒された木は落石止めですね。

ガキの頃は半袖短パンでこの森の中にも躊躇なく飛び込んでいけましたが...

冗談じゃない笑

 

都内でこの自然を味わえるのって奥多摩くらいしかないだろうですしおすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

2015年追い込み

気づけば年の瀬。
 
このスピード感は一体何に比喩できるのだろうか。
 
いわゆる「ジャネーの法則」で唱えられている、毎年早くなる時間感覚。
 
特にこの時期、クリスマスから怒涛の勢いで年末になだれ込み、年が明け、また新たな一年が始まる。
 
この一連の流れに恐怖を感じると共に、新しい一年の幕開けが楽しみで心が躍る。
 
2015年、東京の秋は少し遅めにやってきて、それに合わせ遅めに秋を感じて来ました。
 
 
写真を何枚か。
 
 
こういう季節の趣きに魅力を感じるなんて。。
 
歳食ったな〜と。
 
20代前半にはまずなかった感覚。
 
感性だけ老いても仕方ないので、どうせなら中身もそれなりに成長してほしい。
 
けどとびきり若く。
 
一年が回れば回るほど早くなる時の流れ。
 
混ぜれば混ぜるほど栄養が増す納豆のように。
 
2015年。
 
まだ時間はたっぷりある。
 
振り切れよう。