読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY SEASON

日々の至福や鬱憤の掃き溜め的な場所。

丹沢山塊初入山

登山

こんばんは。

今年は猛暑になりそうだーなんて憂いていたらいつも間にやら7月半ば。

毎日汗だくになりながら電車に揺られています。

そんな日常に癒しを!ってことで、もう先月の話になってしまうけど登山にいってきました!

神奈川の山塊丹沢に構えるはこの山。

 

 

塔ノ岳(1,490m)

 

田舎育ちなもので山って意外と身近な存在で。

上京してからは山って存在が意識の外にいくことが多かったんですけど、定期的に無性にそそられるのも事実で。

意外と富士山も二回も登ってたり。(内一回は本8合目まで)

2016年になってそろそろどこか登りたいなーと思っていたところに会社のチームメンバーからお誘いが。

そりゃ行くっしょ的なね笑

 

今回はヤビツ峠からの表尾根コース。

ちなみにヤビツは8年位前によく来ていました。(展望台からの夜景がきれいなので。夜は走り屋の巣窟)

ちなみにアクセスは

小田急線秦野駅まで都内から電車で1.5時間。

に加え、秦野駅からヤビツ方面行きバスで約50分。

と朝からまあまあハード。

それでもアクセスしやすい山なんだからハードル高いですよねー。

前日までの山の天気予報では雨、強風だったんですが、まさかの快晴。

 

瑞々しい新緑がただただ気持ちいい。

 

 

おのずと足取りも軽快になっていきます。

 

 

植物限界が近ずくにつれ、背の高い木がだんだんと減ってきて、抜けるとこの視界!

神奈川の平野を突き抜け海まで見渡せるこのロケーション!!

もう最高です。

 

 

視界の左には当然のように鎮座する富士山が。笠雲がかかっているのが少し残念。

この表尾根コースは軽い縦走のようなものなので、アップダウンは何度かありますが、

登っていて本当に楽しい!

後方の見晴らしも、前方に広がる稜線のスケールも素晴らしいし、花も綺麗。

野生の鹿を目撃することもできるのだとか。

 

途中の山小屋でかき氷を食べたりと、ゆっくり登って4時間。

 

 

 

 

 

ここで天気予報的中ww

見事にガスってしまいました。

本来なら、富士山から丹沢最深部の蛭ヶ岳、さらに奥には南アルプスまで見えるはずなのに!

そして寒い寒い!

標高が低いからと完全に見くびっていたので凍えるかと思いました。

で、下山は大倉方面へ。

 

この道も晴れてればなあ。。

 

で、登山家の中では有名な丹沢クリステルを拝んで今回のリフレッシュは終了〜。

 

今回の登山で確信したことが。

これは登山絶対ハマるということ。

今年はもういくつか登りたいなーと画策中です。

 

それでは夏バテに気をつけて、今週もあと少し頑張りましょう〜。