読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY SEASON

日々の至福や鬱憤の掃き溜め的な場所。

最高の富士山ビュースポットへ

気がつくと9月も10日が過ぎてしまい「年末」というワードがちらつき始めた初秋。

 

台風だとか停滞前線やらで雨ばかりですが、そんな中束の間の晴れ間を狙って行ってきました。

 

金時山(1,212m)

 

f:id:Mickey6:20160911231116j:image

 

 

金時山は神奈川と静岡の間あたりに位置する標高1,212mの山。

箱根山塊の北西部に構え、日本三百名山にも数えられています。

 

7月に戸隠山に登って以来だから一ヶ月とちょっとぶりの登山。

 

山へ行きたくでうずうずしていたんですがなかなか時間が確保できず9月になってしまいました。

 

募る登山欲求とは裏腹に週間天気を見ても曇りや雨マークだらけ...

 

がっつり登山計画を立てるのはいいが悪天候により中止になるのは時間の無駄だし。。

(俺は初心者なので空が荒れるのがが分かりきっている場合は登らない)

 

ってことで都内からのアクセスが抜群の金時山が今回選ばれたのです。

 

箱根線(新宿-御殿場・箱根)|小田急箱根高速バス

 

小田急高速バス 池尻大橋⇄乙女峠 を利用しました。

 

出発時間はAM7:50、乙女峠到着予定9:30。

 

バス代は往復1割引で¥3,500。

 

片道だと¥1,860とかだったかな?

 

交通費が安いこと、山頂でかなりゆっくりしても確実に日帰りで帰ってこれるのがいいですね。

 

土曜日ということもあり東名は若干の渋滞。

 

到着予定から30分ほど遅れて乙女峠バス停に到着。

 

この地点ですでに絶景。

ドライブで普通に来たい。

 

f:id:Mickey6:20160911175548j:plain

 

金太郎も当然いました。

金時山の山嶺で金太郎が生まれたって設定ですからね。

 

f:id:Mickey6:20160911175901j:plain

 

準備体操を軽く済ませ、いざゆかん。

ってことで写真をばばーっと載せます。

 

f:id:Mickey6:20160911180254j:plain

緑のトンネルの先へ。

f:id:Mickey6:20160911180410j:plain

 

乙女峠

登山道入口から意外と距離があった。雲がなければ富士山の眺めが最高のよう。

 

f:id:Mickey6:20160911180630j:plain

 

ちょっとした鎖場も一応あります。前回の戸隠に比べればチョロすぎる。

f:id:Mickey6:20160911180856j:plain

 

写真を撮ってくれと、ものすごい主張の激しかったきのこ。

詳しくないけど毒あるんだろうなあ。

f:id:Mickey6:20160911181042j:plain

 

時折広がる箱根方面の景色も最高。

富士山を見るだけの山じゃなかった!

うっすら見えるのはもちろん芦ノ湖

f:id:Mickey6:20160911181403j:plain

 

f:id:Mickey6:20160911181539j:plain

f:id:Mickey6:20160911181554j:plain

f:id:Mickey6:20160911181622j:plain

f:id:Mickey6:20160911181638j:plain

f:id:Mickey6:20160911181732j:plain

 

登頂〜。

富士山には厚い雲がかかっていたけど、なんとか頭だけでも拝めて良かった!

f:id:Mickey6:20160911181820j:plain

 

タイムは登りが1,5h、下りが1h。

険しい登りがあったと思えばなだらかに舗装された道が出てきたりと、かなり登りやすい山でした。

初心者向けですね。

その分山頂はものすごい人の数でしたが笑

すれ違う登山客も多かったので心細さがないって点ではいいのでしょうか。

 

ふと気まぐれに訪れることができる山なので、また登ることはあるでしょう。

 

山のパワーをもらったので、また一週間頑張ります。

 

f:id:Mickey6:20160911182437j:plain